« 2014年12月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年1月

2015年1月 9日 (金)

2015年あけましておめでとうございます



皆様新年おめでとうございます。毎年何を行ってきたかぼんやり忘れつつあると思う空恐ろしい歳の取り方をしておりますが、2015年もどうぞよろしくお願いいたします。皆様に素敵な日常が訪れておりますように。またもっと幸せな日常がやってきますように、祈ります。

私は主婦と会社経営と執筆をして生きておりますが、近所ではヒマこいてる子育て中女性に見えるようです。その証拠に、数十年付き合いのあるおばさまから、「日中子どもたちと外で遊んでいるみたいだし、ウチで働かない?」と渡されたチラシは、目指せ生保レディ、月給14万円プラス成功報酬、と書いてございました。

私の1日は、朝起床して、家族の朝食を作り、子どもたちと外出して公園や地区センターで遊び、昼食のために帰宅します。昼食を作り、少し家事をして、会社のメールチェックやウェブサイト投稿や、お客様に見積もり書を作ったり営業電話したりして、バイトさんが出社する場合はバイトさん
の仕事を監督、指導して、夕方前にスーパーに買い物に行くわけです。

夕食は両親の家で食べますが、その後子どもたちを風呂入れて、ミルク飲まして寝かしつけたら1日はとっぷり暮れております。夜10時以降から読書や執筆業や終わらなかった会社の仕事をして、ミャンマーの業者に電話やメールで指示出して領収書を作るわけです。

一体この日常の何処に、生命保険サービスを販売する時間があるのでしょうか? エエッ?!

サラリーマンをしておらず、のんのんと近所を歩いているからといって、仕事をしていないとは限らないのですよ!ユニクロとイオンの服を着て、妖怪ウォッチ魚肉ソーセージをスーパーに買い求めていても、常に携帯電話で事務所の電話番をしていますし、頭の中は世界経済や税理士との話し合いや会社の新施策や売り線でない原稿の執筆についてグルグル考えているのです。

定時に拘束されず、従業員でない働き方が、あまり一般的ではないのでしょうか。そして公園でボーッとしているのは、だらっとしているのでなく、あまり多くもなく品質もそこそこの脳を使って仕事中なんです。フリーランスの人間は高給取りでないと、遊びに生きる趣味人かと解釈されやすい生き物なのでしょうか。

さて、日々雑感はここまで。ダラダラ書きましたが、子どもを産んだのも、仕事をしているのも、全て自分が望んだことです。一定以上のクオリティの保育園でなければ、自分が命をかけて産んだ子は預けないと決め、手元で育てているのも自分の意思です。だから忙しいと言える身分ではありません。

もちろん、保育園の充実は望みますし、区役所で訪問保育士サービスがあればもっと仕事できるなど考えますが、他の子育て中の方々よりはるかに恵まれている自分の環境をありがたく思っております。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年7月 »

わたしの本

編集本

無料ブログはココログ