« ダンパウ | トップページ | 珍客 »

2016年6月14日 (火)

本が出て変わったこと

私の著者名の本が出てから変わったこと。

1.一緒に活躍してくれるスタッフさんの立候補が増えました。

2.お客様から、少々信用される割合が増えた感じがします。

3.ほぼ毎日訪問者がいます。

4.かなりの頻度で、土日にミャンマー人がアポなくやってきます。

アポの有無にかかわらず、かなりの労働時間を費やしたサービスに対して、収益がラーメン一杯にもやし添えだったり、収益ゼロだったりしますので、最近は

「このバダピャン(翻訳)本当はウチの会社では1万円だよ!タダでやってあげるけど!」

(日本人とミャンマー人では、同じサービスを提供しても、その価値をつける考え方が開きがあり、特にミャンマー人同士(私は断じて日本人ですが、婚姻関係があるので、半分ミャンマー人のように扱われ、半分ミャンマー人のような行動規範を求められている身なので)なんだからいいじゃないサービスしてよといった雰囲気があるのです。

なまじっか今まで数年、今後何十年も付き合うに違いない同郷の人々ですと、ある程度プライスレスで!支えあわなければならないのです。しかし私の頭は65%くらい利益をはじく聖人とはいいがたい頭ですので、何事も限度というものがあるのです)

と恩着せがましく言うようにしました。そうしましたら、毎回ビールと焼酎とつまみのイカリングなんかを持ってくるようになったミャンマー人がいまして、彼は夕方から当社で飲み始めたりしだしまして、彼の鬼姉のビジネス相談話などを聞かされます。しかし彼の職場では、私の本が回し読みされるよう仕組んでくれています。

つまり交友関係が増えたということになるのでしょうか。

« ダンパウ | トップページ | 珍客 »

ミャンマー Myanmar」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本が出て変わったこと:

« ダンパウ | トップページ | 珍客 »

わたしの本

編集本

無料ブログはココログ