« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

社長













社長、ミャンマー少数民族州シャン州とチン州にて仕事を終え、そろそろ帰国します。

一言二言三言



この記事は、海外で活躍される日本政府関係の「開発」「援助」のお仕事をされている方の身を、日本政府がどう守るかという話です。

一言二言三言言いたいのですが、我慢して一言だけ申し上げますと、電車の吊り広告などにあります「あなたもチャレンジ国際貢献」といった気軽な海外協力隊募集のキャッチフレーズや、そこにある気軽な雰囲気に、違和感を覚えるのです。

受け入れ国の海外の方々は、日本政府の仕事をしている日本人関係者の胸にバッチリ日の丸がついていると解釈しているわけです。「外務省の外注した丸腰兵隊」と見られてると言っても過言ではないのではないでしょうか。何もオリンピックパラリンピック選手でなくとも、目に見えない日の丸を背負う方々はたくさんいます。

他国に尽くしたいという崇高な気持ち、途上国の発展に尽くすことで世界の格差是正に努めたい気持ち、そのために必死で学歴を積んできた努力、海外の「開発」と呼ばれる現場で活躍されている方々の、こうした資質と実践を私は認識しています。

一方で、丸腰の兵隊は常に受け入れ国の方々から見られていると感じているのでしょうか。なぜなら胸に日の丸がついているからです。

私がミャンマー人の夫と結婚した頃、夫は祖国ミャンマーはおろか、日本にあるミャンマー大使館にも入れませんでした。娘がミャンマーに出生届を出すのも不可能でした。先輩ジャーナリストたちはしょっちゅうミャンマー入国を試みて、入国翌日に警察に取っ捕まって強制出国させられていました。一部民政移管後も、夫にミャンマー入国ビザが出ない時期が続きました。

こうした経験から得たのは、「海外で仕事するなら絶対に油断しない」「絶対に受け入れ国の味方を作って味方と行動する」「自分の信念と認識を過信しない」です。政府は最後まで、海外で活躍する自国民を守り切れるでしょうか。

2016年8月23日 (火)

写真

久々に仕事で一眼レフのカメラを出したら,2014年に撮影した写真が出て参りました。

Bagan

ミャンマー,バガン仏教遺跡の夕暮れ時
Kakku
2014年,シャン州カックー遺跡の一コマです。

2016年8月17日 (水)

夢2




写真はミャンマー、ラカイン州シットウエビーチ


世界の移民学を学びたいと、最近よく思います。

その上で日本の今の外国人との共生を考えてみたいのです。


写真はミャンマー、ラカイン州ミャウー遺跡群

2016年8月16日 (火)




自分の本「ミャンマーに学ぶ海外ビジネス40のルール」
http://amzn.to/1RGEibPを70万部売り上げました!!ヤッターって紀伊國屋書店内で絶叫している夢を昨夜見ました。目覚めて15秒位は、現実だと勘違いしていました。非常に爽快な15秒でした。



現実の紀伊國屋書店




その後、枕元に本の素案が散らばる様と、娘息子が寝こける姿をみて、現実に帰ってきました。

ミャンマー本で70万部売り上げって、妄想に限度なしですが、何十冊か出版すればなし得るかもしれません。

本日、アウトドアグッズメーカーの経営者が書いたビジネス書を(立ち)読みしたら、コアな固定客が多いビジネスだからこそ、保証は一生行うのがポリシーだそうです。基本、マニアックな商品を扱うため、在庫があるのですが、長い年月で売り続けるので、在庫のだぶつきとは考えないそうです。

私のミャンマー本も、10年計画で売ろうということで、ここ5年の5ヶ年計画を立てています。他の本が出ても、ずっと売り続けたいと考えます。物質として出回る運命を背負った本を、最大限に出回るようにするのが、書き手の本に対する礼儀だと感じるからです。

この本は私自身の能力以上に、私の人間関係を深めてくれます。

子どもは絵本を読み、自分の世界の見方を変化させます。私もそういう瞬間を提供する書き手でありたいと、常に思いつつ、現実はまだまだです。

2016年8月14日 (日)

最近のミャンマー









最近のミャンマーの写真です。夫が送りつけてきます。

2016年8月10日 (水)

インターン修了しました。ひきつづき希望者は募集中です

Our company has finished internship program from 1 to 5 August for 5 university students.Right photo is the view of sales place by our students in Japan. Left photo is the view posted from Yangon, Myanmar by our president who might be working. Might be so.
横浜市の大学生5人を受け入れました日本ミャンマー支援機構の一週間の学生インターンシップが先週8/5に終わりました。暑い中、飛び込み営業してもらいました。感謝しております。
社長がミャンマーにいるため、在日ミャンマー人支援を私がすることになっており、学生さんの飛び込み営業同行中に、「今会いたいチョット来て、ID作りたい…」などという電話がかかってきて、営業中にコーヒーなどと言われました。よってピュアな学生さんに営業中のルノアール(例えとして、象徴として)の使い方を教えてしまったとしたら私は反省すべきだと思います

Japan

学生さんが飛び込み営業している日本

Yangon

社長が仕事しているであろう最近のヤンゴン。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

わたしの本

編集本

無料ブログはココログ