« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月25日 (土)

2/25 日本海新聞、山陰中央日報

本日の日本海新聞、山陰中央日報、新聞書籍広告出てます(^O^)鳥取、島根の方見てみてください。

ミャンマーに学ぶ海外ビジネス40のルール: 善人過ぎず、したたかに、そして誠実に | 深山 沙衣子 |本 | 通販 | Amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/4772660631/ref=olp_product_details?_encoding=UTF8&me=



2017年2月24日 (金)

娘の学習

My daughter has finished writing 33 Burmese characters. 娘、私が数ヶ月間ビルマ語学習について話さないでいたら、自主的に書き始めました。私がオーダーしないほうがよい様子。











2017年2月15日 (水)

海外勤務インターンツアー、ポスター




居酒屋日本海、三田駅近くにミャンマー海外勤務インターンツアーポスター掲示していただきました。










横浜市金沢区のリフォーム会社、トータルホームmmさんにインターンツアーポスター掲示していただきました!

(ほかポスターご協力いただいている企業様)


三平 中央線酒場:東京都新宿区

肉や しるし:東京都 四谷駅

牛串 ちぇっく:東京都 四谷駅




https://www.japan-myanmar.com/インターンツアーまで

2017年2月14日 (火)

【幻冬舎ゴールドオンライン】ミャンマー人と「ビジネス」をするための基礎知識【第10回】 ミャンマーで「安くてお得」なサービスを求めるリスクとは?

【幻冬舎ゴールドオンライン】

ミャンマーで「安くてお得」なサービスを求めるリスクとは?
     
日本には「安くてお得」な商品があふれているが・・・
日本では、全国展開している100円ショップやスーパーマーケット、ユニクロなど、安くて実用的なものを買える店が、幅広い世代に支持されています。洋服も数年間着回すことができれば、多少の色あせなど気にならないという人も多いと思います。そう思えるのは、「1900円で、これだけたくさん着られたのだから、よしとしよう」と、消費者が納得できるクオリティが維持されているからです。私たち日本人は、「安くてお得」なものに囲まれています。
 
ところが、ミャンマーに「安くてお得」なサービスがあるかと問われたら、答えはNOです。
     
このコラムの詳細が載っている本
「ミャンマーに学ぶ海外ビジネスのルール」

【幻冬舎ゴールドオンライン】ミャンマー人と「ビジネス」をするための基礎知識【第9回】 「見積もり依頼=発注」!? ミャンマーのビジネスルール

【幻冬舎ゴールドオンライン】
「見積もり依頼=発注」!? ミャンマーのビジネスルール
(本文一部抜粋)
即断即決しない日本人は「やる気」を疑われている!?
日本で仕事をしているほとんどの人が、「見積もり依頼」が来た時点では受注決定と思いません。見積もりを提出する側も、「あいみつ」(相見積もり)でほかにも見積りを持ちかけていることは常識といっていいでしょう。見積もりが認められてから、正式依頼がきます。
 
ところが、ミャンマー人とビジネスをする際は、「見積もり=正式依頼」である、と相手は認識していることを理解しておかなければなりません。ミャンマーでは、「見積もりを出すときは正式な依頼がきたとき」という文化があるのですから、勘違いするほうが悪いのではなく、ミャンマー流のビジネスをベースに考えないほうに落ち度があることになります。
 
本の画像をクリックすると、アマゾンのページにいきます。
楽天ブックスの販売ページはコチラをご覧ください。

幻冬舎ゴールドオンライン連載「ミャンマー人と『ビジネス』をするための基礎知識」第8回「音信不通」は珍しくない!? ミャンマーの通信事情

幻冬舎ゴールドオンライン連載「ミャンマー人と『ビジネス』をするための基礎知識」
引き続き連載中です!!
どうぞよろしくお願いいたします。
         
ミャンマーでは「電話がつながるとは限らない」!?
今の日本では、ビジネスでもプライベートでも、携帯電話やインターネットが手放せません。一昔前は、携帯電話も一部つながりにくい地域があったものの、今ではほとんどの地域でクリアな音質で通話できるようになりました。ビジネスにおいても、ほとんどがオンライン化され、パソコンとインターネット接続は重要なビジネスツールとして普及しています。
 
電話やインターネットのやりとりは、タイムリーに情報を共有できる利便性から、世界中で積極的に取り入れられていることでしょう。しかし現状、かつての日本と同じように、オンラインシステムを整備している最中の国や地域がたくさんあります。
 
私はミャンマーの企業や個人と連絡をしなければならないことが多々あるのですが、そのときは「電話がつながるとは限らない」という前提でコールします。
         
つづきはコチラから
楽天ブックスでの販売ページはコチラ
Hon_4

2017年2月 8日 (水)

ラジオ出演が決まりました。3月4日・5日 山陰放送BSSラジオ「伊藤ユキ子のシニアの扉」

突然ですが,ラジオに出させていただくことになりました。

日時:2017年3月4日(土曜日)午前6:30~7:30
再放送:2017年3月5日(日曜日)午前10:00~11:00
放送局:山陰放送BSSラジオ(鳥取県・島根県エリアAM放送)
<ラジオエリアガイドの詳細はコチラ
鳥取:JOHL1431KHz
倉吉:1557KHz
米子・松江・境港:JOHF900KHz
出雲:1431KHz
大田:1485KHz
江津・浜田:JOHM1557KHz
益田:JOHN1431KHz
当番組の,第一土曜日は「アラウンド・ザ・ワールド」という世界を紹介するコーナーがあります。その中で,3月はミャンマー!特集はミャンマーです。私が電話出演いたします。
さて,どんなお話になりますでしょうか・・・お楽しみに!!
ちなみに,鳥取県,島根県以外にお住まいの方は,インターネットラジオ「radiko(ラジコ)」エリアフリー(プレミアム)にご加入なさると,月額350円で,全国から,この山陰放送BSSラジオが聴けるということです。
いますぐラジコプレミアムへご加入を!!なんなら2017年3月だけでも!!
というわけで,このタイミングで,鳥取県における圧倒的シェア新聞「日本海新聞」と,島根県でこれまた圧倒的シェア「山陰中央日報」の2月25日土曜日朝刊一面に,拙著「ミャンマーに学ぶ海外ビジネス40のルール」書籍広告を出すことになりました。
島根県・鳥取県バージョンの書籍広告にしますので,
同県にお住まいの皆さまはどうぞご注目ください!!
<蛇足>
そしてミャンマー進出したい,もしくは
ミャンマー人人材をお求めの島根県・鳥取県の皆様
ぜひ日本ミャンマー支援機構にご連絡ください!!
電話045-567-5858 メールinfo@japan-myanmar.com
Yangon1
写真はミャンマーの写真で,本文内容とは関係ございません。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

わたしの本

編集本

無料ブログはココログ